ラフと本番

私のラフは、本番に近い形で出しているのですが、相手にとっては紛らわしいのかなと思うことがあります。

そのまま使用された場合、実は、、描いた本人にとっては、かなりのショックなのですが…

出てしまったものは仕方がないので、違うと言いはしますがそれ以上はどうにもならないのが現実です。

 

世の中に出たものが人目に触れるものになるのですが、本番にかけているエネルギーがまるで違うことは、

描いた本人にしか分からないのかもしれません。。。

 

本番に近い形で出しているのは、色など仕上がりの感じがわかりやすいからで、

以前は鉛筆描きの白黒で出していた時期もあったのですが、

「色がわからない」「仕上がりがわかりにくい」という場合も多々あり、

私も仕上がりが初めからわかる感じで一気に描いてしまった方が後が楽で早いので、そうするようになりました。

 

けれども、間違って使われてしまう時、どうしたものかと思っています。

 

ラフはラフ、とはっきり分かるくらいでないと、沢山デザインしている方にとっては仕事がやりにくいのではないかとも思います。

自分でもぱっと見は分からず違和感があるくらいで。。。(しっかり見れば荒いです…)

 

色や質感、仕上がりが相手によく伝わり、なおかつ、はっきりラフであると伝わるようにするには、どうしたらよいのだろうかと。。。悩ましいところなので、試行錯誤していきたいと思います。

 

(※こちらの画像は本番です)