お金は大切

いきなりですが、お金って大切ですよね。

生きていくのに必要なものだったり、

何かやりたいことや、

行動するのに必要なこととか、

私だったら画材や文房具、絵を描くためのパソコンやソフトもそうだし、

日々ブラッシュアップなど技術を磨くために参考にする本や展覧会だったり、

製作するために必要な資料だったり、

交通費、通信費、もろもろ、もろもろ、

ハードな仕事で目や腕を痛めてたら薬も買うし、

とても大切なものだと思うのです。

それなのに、お金の話をするのは、なぜか皆んな避けたがる傾向があるのかなあ。。。

一般的に、私がそう感じるということなのですが、仕事としてやっていても、私も交渉は毎回面倒くさいと思っています。

誰か代わりにやってくれないかなあと思います。

提示された金額が許容範囲と感じればそのまま受けられるので、こんなに楽なことはないのだけれども。

こういうことを言っていると、お金にうるさい人と思われるとかあるみたいですが、逆に、大事なことなのに何で?と思ってしまいます。とても大事なことですよね。

とはいえ、私はもともと面倒くさがりだし、どちらかというと緩い方なので全然厳しくない方ですが。。。そのあたり、しっかりされている方はきちんとやっていらっしゃるのだろうなあ。

ビジネス、という視点で見れば、当たり前にしなければならないことでもあるけれど、

いつも悩むし、難しいと思うことしばしば。

一方で、対応を見れば相手が味方かどうか、一緒にやっていけるかどうかを計れる目安でもあるな、と感じます。

何も言わずにハイハイと受けていれば、相手にとって便利で楽で面倒臭くない。承る側だからお金を払ってもらえるだけでも有難い…とても有難いことですよ。

絵を描くのは仕事なので、準備も製作も時間もお金もかかっていますし、ストレスもプレッシャーも、当たり前ですがもちろんです。

でも、絵って気楽にサラサラッと描いている様に思われることが多いので、簡単なんでしょって印象なのでしょうね。

しかし、安い料金で受けてしまったら、かかる時間は同じなのに苦しくなるだけですし、

なにより他の同業の方たちの平均価格を下げてしまうことに繋がってしまったら、どんどん下がって生活していけません。

私は安いから手を抜く、ということをしたくないので、引き受けたら、できる限り力を尽くしたいって思います。だからいつも長時間労働になってしまう。あまりにもバランスが悪い仕事は受けられないのです。

この辺りの考え方も人それぞれだと思うので、料金次第でそんなに時間をかけられないから軽く描く人というもいると思います。

その方が効率はいいのでビジネスとしてもいいのかもしれません。

私が交渉が必要だと思うのは、

自分が今までの経験で平均値としているところを下回って許容範囲外の時です。

どうしてもやりたいことだった場合はこの限りではないのだけれど、それはあくまでイレギュラーであり、

その時もできる限りの交渉はしてみます。

その上で精一杯、仕事をします。

けれども、それで仕事が流れたり(あえて流しちゃう時もありますが)、その後が続かなかったりすることもあります。

そういう時は、そういう相手だったということなのだなあと思います。

だから、本当に自分と一緒にやりたいと思ってくれる相手、信頼できる相手とだけ、仕事をしたいって思うのです。

お金の面だけじゃなくて、約束したことをやってくれないとか、協力関係ができないと感じた時も、

そういう相手なのだなと思いながら仕事を完了することもあるのですが、

完璧な人などいないですし、皆個性があり、感性も人それぞれ。

私自身も大雑把で気がつかない至らないところもあるので、

私と仕事がしたいと思っていただける自分になれるように日々を積み重ねていきたいと思います。